より良い生活環境を作る!リフォーム会社選びのコツ

リフォームで後悔しない為に知っておくべき事

住宅環境を良くするためにリフォームをする場合は、自分の希望を明確にし、希望を叶える技術力を持った業者を見つける必要があります。業者選びに失敗しないためにも事前に知識を蓄えておくことが重要です。

リフォーム会社別の特徴

大手建設業者

多くの住宅メーカーは自社物件のメンテナンス事業を行っています。企業の部署としているところから、リフォーム会社と提携する形のところまで様々です。特徴として住宅の事を総合的に取扱うため、大規模な工事にも対応することができます。

リフォーム専門店

近年増えている業種で、工務店や建材店が元となっている事があります。元々の専門とする分野のリフォームが得意ですが、総合的な内容にも対応できる業者もあります。

設計事務所

基本的に新築を手がけることが多いため、確認・相談する必要があります。小規模なものよりも、増改築等の大規模なリフォームの施工を得意とする傾向があります。

住宅設備・部品の工事店

住宅設備や部品メーカーがリフォームショップとして、自社の製品を扱う事業をすすめています。メーカーごとに得意とする分野は違いますが、場合によっては総合的な内容に対応することもできるようです。

塗装・板金・左官等の各工事店

それぞれが得意とする分野のリフォームを請負っています。基本的に専門とする内容を施工するため、増改築のような大規模なリフォームを請負う所はあまりありません。

より良い生活環境を作る!リフォーム会社選びのコツ

模型と人形

リフォーム業者の選び方

リフォームで失敗しない為には、業者選びも大事なポイントです。どんなに良さそうに思える業者を見つけたとしても、他の業者と比較することで、その良し悪しを確認することができます。その為、ネットや相談会などで数社ピックアップし検討するようにしましょう。知人に紹介してもらう方法もありますが、業者ごとに得意なことや特徴が違うため、知人の物件で上手くいっても、あなたの物件と相性が良いかはわかりません。紹介してもらう場合は候補の一つとして考えるようにしましょう。

候補選びのコツ

業者を選ぶ際は、過去の実績や経験、サービスや保証がしっかりしているかなどを確認する他、対応してもらいたい時に相談しやすい場所にあるかも検討する必要があります。業者によって大規模な工事が得意だったり、壁紙やフローリングなど一部の場所に特化した業者など様々です。リフォームする目的と業者の得意分野が一致しているのか、事務所の場所、建設業許可の登録状況などをしっかり確認し、目的に合った業者を選ぶようにしましょう。

業者の比較方法

多くの業者から、希望とする会社をピックアップしたら、依頼先を確定するため相見積もりをします。それぞれの業者に要望を伝え、かかる費用と期間など見積もりを出してもらい、それらを比較します。安易に費用の安さだけで選ぶと、希望に沿わない粗悪な工事になる事もあります。その為金額だけでなく、予算と目的に合った内容なのか、求めている技術力があるのか、何かあった際にアフターサービスや保証は充実しているか等、様々な内容から比較する必要があるのです。

親身になって考えられるか

担当者の対応も業者を選ぶ際に気にしましょう。自分の要望を伝え見積もりを出してもらう時に、依頼主の言いなりになる業者や、意見を押し付けてくる業者は注意する必要があります。よく話も聞かず、提案もしないような業者の施工では、無責任なリフォームとなり不満が残る事があります。窓の取付一つにしても「この要望ならこういった方法の方が良くなる」といった専門知識を持ったプロのアドバイスができる業者の方が、依頼主のことを考えた施工をしてくれるケースが多いのです。

信頼できる業者を見つける

失敗しない業者選びをするには、業者に要望を伝え、提案された内容をよく確認する必要があります。そして比較検討できるように、必ず複数社に相談するようにしましょう。

広告募集中